忍者ブログ

投げやりとかじゃないです、決して。 誰でもみんな、思うままに、が理想のはず。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日寝る前に、ふと思った。

あれ、私何をしに来たんだっけ。

大学で演劇やってみたいと思ってて、やっとそれが体現できる場所に所属した、はずなのに。
私は今、何をしてるんだ。
悩んでることの発生源は、確かに大体がその「演劇というジャンルに属してる場所」からではあるけれど。
内容は、「演技に関して」とかの芝居絡みの問題じゃない。全然ない。
私は今、芝居をしてないから。

人間関係とか仕事のこととかくだらない嫉妬とか小さなこだわりとか。
関係ないことばかりで頭がいっぱい。
私は何がしたくてここにいるんだ。

って思ったら、ばかばかしくなってきた。
何がって、しょーもなさすぎる自分のことが。

大事かもしれない、大事な問題なのかもしれない、でも、違う、なんか見失ってる。
芝居がやりたいんだ、それだけを考えればきっとどうでもよくなるのかもしれない。

ああこの考え方がずっと続けばいいのにな。

昨夜は先輩と、久々にご飯を食べながらゆっくり話ができた。
解決策が見つかったわけではないけれど、すごく楽になれた。本音が出せる相手がいるというのはありがたいことです。同じ考えを共有できる存在に感謝。

それが今の状態、前よりは少し進んだ段階。
そのうちまた次の(前向きな、という意味での)段階に進められたらいいな。



・観た芝居
『法王庁の避妊法』演劇事務所99’
時間的に、見に行けないと諦めてただけに、行くことができてかなり嬉しかった。
この劇団さんの舞台は初めて見たけど、さすが経験豊富な劇団は、舞台美術からもう素敵。
最初の方は、背景をぼんやりしか見てなかったのでなんとなく林のモチーフなんだと思い込んでたら、ただの一枚板に薄い布をたるませて掛けただけなんて。衝撃。造りがシンプルだからこそ、なんでもない空間にも、林にも雨の風景にも見えた。
サークルのOGの方を初めて見たけど、無邪気なようなとぼけたようなキャラが、妻でも女でもあるけど少女みたいにも見えて可愛かった。医者と助手の方は、セリフとして医療用語のオンパレードは大変だったろうな。劇ってこと忘れて勉強させられた気分。参考になりました。高校時代の、保健の授業を思い出してた。
実話を基にした話だけあって、明治時代の日本なのにリアルに感じることができてしみじみしました。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/23 晴]
[03/23 ゆい]
[07/11 晴]
[07/10 ゆりか]
[07/09 晴]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]