忍者ブログ

投げやりとかじゃないです、決して。 誰でもみんな、思うままに、が理想のはず。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私にとって花粉の季節っていうのはくしゃみとか鼻水だけが問題なのではなくって、
目の周りとか首辺りの皮膚が赤く腫れてヒリヒリするのが一番やっかいな悩みなんです。

いい天気なのにテンション下がるぅー!

花粉にはキムチがいいとかヨーグルトが効くとか、一時テレビでいろいろと言われていましたが、
まぁそりゃ食べる時もあるけど米が効けばいいのに。毎日食べるんだから。
あと納豆とね。卵とかね。
一昨日ようやく冷蔵庫の電源を入れたけど、家を空けることも多いから生モノ買えない。
あー、卵かけゴハン食べたいな!






と前置きはこの辺にして、キミジャグ編、後半行きまーす!





公演直前の日にぐっさんが私の家に泊まった(というか風呂と仮眠のため)のですが
先日、その時に貸していた靴下とヒートテックインナーを洗って返してくれました。
昨日それを着たんですけど、洗剤なのか柔軟剤なのか「あ、これぐっさんの匂いだわ」と思いながら袖を通しました。動くたびに服から漂うぐっさんの匂い。
やだ私なんかキモいですか。ドゥフッ。



というわけで


ぐっさんへ
私が2年生の時にお手伝いした公演に客演していたぐっさん。だからキミジャグメンバーの中では一番早くに出会いました。
あの時は、すごい役者さんだなぁって見てて、私にとっては遠い存在で、話しかけてくれたりもしたけど緊張しちゃって上手く話せなくて、でも仲良くなりたいなってずーっと思ってました。
キミジャグでは一緒に作業することが一番多かったから、一緒にいる時間も一番長かったです。
どっちかが失敗したらなぜかもう一人も同じタイミングで失敗したり、怒られるのも褒められるのも一緒だったり、かと思えば交互にやらかしたりサボったり(笑)
眠いーとかしんどいーとかもうダメーとか言いながらも、一人でやるより二人でやる方が遊んじゃって逆に効率悪かったりしても、一緒に作業できてすごくすごく楽しかったです。
なんてこと書いちゃったら、サボってたのかよ!とか効率悪いのダメじゃん!ってぐっさんだけ怒られるかもしれないけどそれはすいませんww
周りの人からウルサイって言われるくらいずっとしゃべってて、勢いでケンカした時もあったし私が調子に乗ってぐっさんを怒らせた時もありました。
それでも「私がお姉ちゃんだから!」って面倒見てくれて、それに甘えてワガママばかり言って困らせたこともありました。
今だから言えますが、ぐっさんに構って欲しくてわざと怒らせたことも、結構ありました。ごめんなさい!
でもいっつもそんな私の相手してくれて、嬉しかったです。
怒らせておいてこんなこと言うのも変だけど、ぐっさんが笑ってくれると嬉しかったんです。だから体力的にぐったりして元気がないぐっさんを、どうやったら笑わせられるだろうかといつも考えてました。
そんなだから構うのもめんどくさい時もあったでしょうに(笑)、いつも一緒にいてくれてありがとうございました。本当に楽しい思い出ばっかりです。
チルノでは、二人きりの長いシーンもあったからやっと二人で台詞合わせの練習がたくさんできました。
何度でも稽古に付き合ってくれて、行き詰った時は話を聞いてくれて、真面目な話したらすぐ涙目になっちゃったりして、いつでも笑わせてくれて、こんなに仲良くしてくれて本当に感謝です。
面と向かっては絶対に言えないこと書いてみましたよ。だから別にぐっさんが真面目なこと書いたって馬鹿にしたりしないですよ(笑)でもぐっさんすぐ泣くからなー。でもすぐ泣くっていうと怒るからなー。
「お別れのこと考えると泣いちゃうからハルカのムカつくところ考えてよう」ってつぶやくぐっさんの言葉に私が一番泣きそうになってたことは秘密です。
これからもぐっさんが舞台上でどんな動きを見せてくれるのか、楽しみにしています。
ぐっさんがバイト無い時で、お酒飲んでも大丈夫な日を教えてくださいねー。


エビさんへ
パップラで初めて顔を合わせたとき、私にとってエビさんは「あ、あの人が出てる舞台見たことある」というだけの情報しかなくて、
どんな人なのか全然わからなくて、でも何をしゃべったらいいのかもわからないから、仲良くなるきっかけを遠回りしてウロウロしながら探していた気がします。
きっとエビさんも同じような感じで、お互いに探り探りな初対面だったんじゃないでしょうか(笑)
お裁縫とか絵とか細かい作業とかがものすごく上手で、女子として誇るべき得意技だらけのすごい人なのに極度の人見知りだったり下ネタが饒舌だったりパーソナルスペースが頑丈だったりと、
知れば知るほどエビさんの新たな発見ポイントがいっぱいあって、なんだかもう面白い魅力に溢れてる人、というのが最終的な印象です。2年間でこれだけお近づきになることができて嬉しかったです!
最後の公演前にパーソナルスペースを開放して抱きつかせてくれてありがとうございました。
あの時は、やったぜ!やってやったぜ!って登山家が登頂したみたいな気分になれました。
誤解を恐れずに言えば、下ネタの面白さとぶっちゃけることの気持ちよさを教えてくれたのはエビさんでした。
いつかの公演前の作業後、車で送ってもらった時に車の中でずっとパンツと下半身の話だけしかしなかった時を覚えていますか(笑)?
世の中にはまだまだ私の知らないことで溢れているんだなーと感心しているうちに家に着いちゃって、話し足りなくて残念な気持ちになったのを覚えています。
ココだけの話、エビさんがふいにニコッと笑顔を見せてくれた時、なんだか心を許してもらえたような気がしてドキドキしてしまったことがありました。恋かと思ってびっくりしましたが、単純に嬉しかったんだと思います。
だから何だって話なんですけど、エビさんの恋応援し隊、になりたい!
またたくさんお話聞かせてくださいね。
お餞別として、エビさんからなんとチルノの原画と、今までの色んな写真が入ったすんごい素敵なアルバムと、サーカスモンスターとお揃いのあのオシャレなやつを頂きました。もう本当に本当に、めちゃくちゃ嬉しかったです、ありがとうございます!


目原さんへ
私、すごいことに気づいたんですよ。水戸でお芝居始めて5年間、今まで学内外でたくさんのお芝居に出演させてもらってきたんですけど、その中で一番共演回数が多かったのが、なんと目原さんでした。
同じサークルでもなく、同期でもなく、学年が近いわけでもない、初めて見た時は「うわ何あの全身真っ黒の人…こわっ」と思って目を合わせないようにしてた、そんな目原さんと作ってきた舞台が一番多かったっていう。
そんな縁もあるんですね。いやー、びっくりです。これから私がお芝居を続けていって、その最多共演数を越える人が現れるのはいつになるんでしょうか。楽しみです。
ということは、一番長い間お世話になったということですね。まだ髪が短かった頃から、大変お世話になりました。
稽古場で、舞台上で、その他色んな場所でたくさん迷惑をかけたと思います。それでも、なんだかんだで先輩としていつも相手してくれて気にかけてくれて、ありがとうございました。
舞台作りのプロであり、小道具作りの職人であり、やたら達筆で器用で何でもできるのに案外デリケートな性格で、女子の下ネタに敏感に反応しちゃって逆にからかわれたりイジられて本気で怒っちゃったり。
でもそうやってキミジャグの皆に愛されてることを受け入れてからは「明るくなったね」って言われるようになったのが私の最近のツボでしたww
自分の仕事に対する丁寧な姿勢とか、演技一つ一つに対するこだわりとか、見習いたいところがたくさんあります。
これからも皆と仲良く、いつでも女の子に優しく、楽しいキミジャグを作っていってください。
チルノの本番が近づくにつれて、極度の疲労のせいか自慢の長髪がどんどん傷んでいくのが目に見えて密かに心配でした。お大事に!


田口さんへ
グリニングゴーストが最初のキミジャグ出演ということで、なかなか接する機会がなくてたぶんちゃんと話したのはグリニングの打ち上げでしょうか??と思ったけど打ち上げでは私はただ騒いでいたのであまりゆっくりお話することもなかったですよね…す、すみません。
舞台上での姿しか見たことなかった綺麗な人と、何を話せばいいのやらと、コメンタリー収録で全員集合した時もやっぱりロクに目も合わせられませんでした。
チルノの「綺麗なお姉さんが出てきたー!」って台詞、あの頃の私の気持ちドンピシャでした。
こんなこと言うと気持ち悪いと思うんですけど、今だから思い切って言います。
田口さんの髪がとても好きで、憧れでした。
柔らかそうでふわふわしてて、明るい茶色がよく似合っていて、着物を着てもユウさんみたいなギャルでも女兵士でもロングヘアーが素敵にマッチする、そんな田口さんの姿が、見ているだけでとても好きでした。
ああ、ヒかないでくださいね!
でもそうやって見とれてたら中身はだいぶ男前で、時々かなり毒舌でサッパリしててクサクサした時はあぐらかいて髪をかきむしったりして(笑)
お酒飲んでカラオケ行った時の弾けっぷりは超絶に面白すぎて、マイク握ったら心の声を叫びだして、もう、今思い出しても笑っちゃいます。
もっと早く仲良くなりたかったです。お芝居も、飲み会も、遊びも作業もいっぱい一緒に過ごしてもっともっと仲良くなって色んな話をいっぱいしてみたかったです。
ラボで作業してるのがたまたま女子だけで、話がすごい盛り上がった時なんかは、あーここに田口さんがいれば!こういうとき田口さんだったら何て言うかな!みたいな瞬間がよくありました。
きっともっと盛り上がって面白かったと思います。しっかり者のお姉さんで、でも時々のうっかりミスとかがすごい可愛くて、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンの姿をキミジャグでも発揮して、いろんなことを優しく教えてくれて、一緒にいてとても楽しかったです。
またどこかで一緒の舞台に立てることを願って、そして田口さんの色んな衣装を楽しみにしています。
いつか田口さんが舞台上で走ったり踊ったりする時を心待ちにしてます!





思い出しつつ書いてるとあっという間に時間がすぎるんだなぁ。
今日はここまで!キミジャグ編・メンバーバージョンでした!
次はスタッフさんバージョンですよ☆

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/23 晴]
[03/23 ゆい]
[07/11 晴]
[07/10 ゆりか]
[07/09 晴]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]