忍者ブログ

投げやりとかじゃないです、決して。 誰でもみんな、思うままに、が理想のはず。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なぜか知らないけど、地元の教習所で貰ったので。粗品?何?
レジ袋、やたら溜まるばっかりで邪魔だしねー。
それに、「バッグに入る分だけ」て考えながら買うので余計なものを買わずに済む。経済的!
めんどくさいとか思うようにならなきゃいいな。




今日は、、、うーん。
まぁ特に書くようなことも無いから、先日出会った芋虫の話をします。

漢字で書くとなんか生々しいな。



大抵の人がそうであるように、私はゴキ、イモ、ケムシの類が大嫌いです。
鳥肌立つし、できれば近寄りたくないし、嫌過ぎて退治もできないし。


授業の時、いつものように教室の窓際の適当な席に座ったら

机の左上に、ポツンと居る。
2センチぐらいの、灰色っぽいのが。
小さかったし、じっとしてたから割と冷静に対面したんですけど。

でもヤだ。

てことで、フッと飛ばしたんです。息で。
ひゅーっと飛んで床に落ちて、またポツンとして。
まぁやれやれと思いながら授業始まって、でも目はどうしても床の上。
すぐに動き出します、もぞもぞと。

ちっさいから、遠目に見る分にはそんなに抵抗無い、ていうかどこ行くのか気になるから目が離せない。
こっち来たらヤだし。

したら、来るんですね、これが。
でも本人は一生懸命なんだろうけど、めちゃめちゃ遅い。
ちょっと休憩したりして。
30分かけて辿り着いた、机の脚。

気が気じゃないですよ、足元に来ちゃったらって考えると。
靴の先なんかでつついたら潰しちゃうかもしれない、いやそれよりいつの間にか靴を登ってきたらどうしよう、とか。
目線は机の脚と黒板を往復。
足は床上15cmの空中で固定。

登り始めました、金属でできたその脚を。
ここら辺でもう、不思議なんです。
割と机から離れたところに吹き飛ばしたのに、なんで真っ直ぐこの机に向って、
しかもほとんど迷わず上に登るんだろ。
なんかあんのか、この机には。

わからないまま、死角に入った奴をどうにかして確認しながら授業は時間は進む。
着々と登り進む。相変わらず遅いけど。

開始から1時間ほど経ち、先生は授業に関連するビデオを流し始めた。
興味深いものだったので、見とれた。


はっ。


いない。


と思ったら、
机の天板のすぐ下の、あの、教科書とか置いたりできる部分に居た。
しかも手前側、つまり左手を何げなく置いたりしたら触れちゃう所にまで来てた。
うひゃー。

と思ったら、引き返してまた登る。頂上まであと少し。


でも


ヤだ。


今更ながら、思い出したように鳥肌が立ち始める。

いらない紙で、はじき飛ばした。

プンっ、と飛んだ。よく見なかったけど、たぶん落ちた。


と思ったら、全然、数センチ下にしがみついてた。
あらら。
やるな。
でも、どうやって。

もう一度、はじいた。

ぷんっ、とやった瞬間、出た。
ぷるるっと、糸を出した。




イヤーーー!!!


あ、今、書きながらまた鳥肌出た。


机の端にぶら下がったまま、動かなくなった。

チャイムが鳴った。

90分経ってた。


負けた、と思った。

最後にまた見たら、脚にくっついたままじっとしてた。


あのあと、どうなったかは知りません。
誰か他の人間に見つかったのかどうか
どっちにしろ何がしたかったのか
全く分かりません。

でも、負けた気がする。


そんなある日の出来事でした。



あー!最高にくだらないことを書いてやったぜ。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/23 晴]
[03/23 ゆい]
[07/11 晴]
[07/10 ゆりか]
[07/09 晴]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]